2012年11月07日

09年削除

 先月・10月20日に小冊子「居酒屋どっち付かず 2009年度版」を仕上げた。

 初校・再校と丹念に目を通し出力したが、それでも明らかなミスが現時点でもちらほら目につく。また、間違いではないにせよ、段落におけるその語句の収まりがぎこちなく、書き変えた方が読みやすいのでは? という箇所もちらほら目につく...。

 ゆえに再読を繰り返して赤字を入れ、今月の20日を目安に再度出力をかけ、それをもって完全版にしようと決心した。

 トチったらその場で訂正、あるいは削除すればいいネットと違い、本は形になって後々まで残るから難しい。よほど自分の表現にこだわりと責任を持たなければ、とても一冊にまとめることなど出来はしない。だからこそ、やり甲斐があるとも言える。

 ひとつのテーマに沿ったブログを一年なら一年更新し続けたら、それを推敲し校正し、Wordなりpage makerなりIn Designなりを使って体裁を整え形にする。

 これを持って各出版社を廻り、物書きとして実績を積むことが出来たなら、今度はそれら原稿の作品化に向けて尽力せねばなるまい。ロハで閲覧可能なブログから身銭を切ってもらう書籍とするために、最低でも以上の手順を辿る必要があるだろう。

 2009年度分のブログ「居酒屋どっちつかず」は、小冊子「居酒屋どっち付かず」となって目の前にある。手を伸ばせばすぐ届き、ページをめくりその場で読める。これがネット(電子)と紙の違いであり、自分が文章表現に求めるものだ。

 だから、昨日を持って09年度の更新分は総て削除した。もし、読みたいという方がいらっしゃったら、ご連絡願いたい。 

posted by 彦左小路郎 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 物書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック