2014年09月20日

未知の友

 今の職場は、水曜・日曜が通常“現場休み”にあたる。そして、その前日の火曜・土曜はだいたい早めに仕事が終わる。5月27日・火曜。この日も、いつもより早めに終業のタイムカードを押すことができた。呑むか。

 有楽町線・池袋駅で下車。行きつけの北口「若大将 まつしま」を訪ねる。入口を背にして左手のカウンター隅に腰をかけ、まずはウイスキーハイボール。つまみは、325円均一のメニュー群からゲソ塩を注文した。

 5月に入り外呑みの回数が一気に増えた。当然酒量もである。理由は…まぁいい。何度も書くが、懐を気にせず呑む日々に戻れたのだから。今はそれだけでも良しとせねばなるまい。

 ただ、仕事に忙殺され、ブログ更新に時間を取れないのが口惜しいと言えば口惜しい。5月の呑みを9月に書くのは4ヵ月の時間差が出るということである。それだけ開きがあれば記憶の鮮度は当然落ちる。文章の臨場感という点で劣る面が出るのはどうしても否めない。現場の造作・メニューをカメラに撮らえたり呑みの断片をメモしていればまた違ってくるのだろうが、その酒場の居心地・呑み心地が自分の置かれた状況にどう影響し、自分をどう変えてくれるのかを綴るのが「居酒屋どっちつかず」。カメラやメモに気を割くのなら、その分五体・五感で雰囲気に浸りたい。撮ることも書くことも読むことも酒場ではご法度が自分の流儀なのだ。

 文章の臨場感は、より熟成された文章を書く心算でなんとか補っておきたい。ゆえに、“地元の居酒屋がスルメのような味わい深い文章で登場するので大変楽しませていただいています!”というコメントをいただいたときは本当に嬉しかった。こういう励ましも貰えるのだからこのブログはまだまだ辞めるわけにはいかない。辞めるつもりもない。

 酒はウイスキーハイボール4杯。つまみはゲソ焼き・手羽塩焼き・メンチカツで締めて2,215円なり。

 今日のお題は“未知の友”にする。
posted by 彦左小路郎 at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 池袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4ヵ月の時間差付きの記事、載せるのは13ヶ月後、感想文貰って嬉しがってるのは17か月後。。そりゃあ熟成どころか異常発酵までするだろ。何とも呑気で幸せな御仁だね〜
Posted by at 2015年11月08日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック