2017年05月20日

郷田三良

ranpo.jpg

 一人、酒場で呑みながら考える。

 (いったい、いつから、なぜオレはこんな人生を送るはめになってしまったのだろう?)と…。

 わかっているのだ、答えは。しかしまず自分に問うてみる。これを“枕”にして自分の今日までの足跡を振り返る。その過程における様々な体験が脳裏に去来する。この思い出を肴にして杯を重ねる。いつか店員に勘定を告げられふと我に返る。こんな酒を、そうだな少なくとも一カ月に一度は呑んでいる。

 敬愛する江戸川乱歩の作品に、『屋根裏の散歩者』という短編小説がある。人生に何の面白味も見出せず退屈の極みにあった主人公が、完全犯罪に猟奇的な関心を示したあげく、となりの部屋に住む知人を、単に虫が好かないという理由だけで、屋根裏の節穴から毒薬を垂らし殺害してしまう。最後は、あの名探偵・明智小五郎がその主人公の仕業と喝破し、主人公は、自分が死刑台に送られる状況に思いをはせる。こんな物語だ。主人公の名は郷田三良(三郎)という。

 必殺の一行がある。

 “「こんな面白くない世の中に生きながらえているよりは、いっそ死んでしまった方がましだ」”(岩波文庫「江戸川乱歩短編集」収録『屋根裏の散歩者』133Pより)

 乱歩の初期短編は、いわゆる純文学の名作と比較してもなんら劣らない。それどころか自分などは遥かに優れていると思う。中でも『屋根裏の散歩者』は特筆に値する。何度読んでも飽きることがないし、読む度に面白さが増してゆく。

 退屈から逃れるため、郷田三良は犯罪に走り実際に人を殺してしまう。それほどまでに退屈がいやだった。

 そうなのだ、退屈は悪なのだ。退屈こそは嫌悪し唾棄し何がなんでも人生から消去すべきものなのだ。三良にとってもそして自分にとっても。

 退屈な毎日に忍従するくらいなら、平凡な生活に埋没するくらいなら、どんなに道を踏み外してもかまわない、好きなことをやり好きなように生きよう。人生は一度きりなのだ、悔いなど絶対に残したくない。心底そう思い自分はそれを実践した。この果てに何が待とうとも、である。

 振り返ってみれば滅茶苦茶な人生だった。五体満足でこうして原稿を書けるのが本当に不思議なくらいだ。かっての自分の上司にも、先輩にも、同僚にも、いまや連絡の取れない人や連絡先すらわからない人が大勢いる。もうこの世の中にいない人だっている。みんな風に吹かれている…。

 2014年8月4日・月曜。勤め帰りに新富町「もつよし」にて独酌。締めて2,624円なり。家計簿には呑食の詳細な記載がない。よほど酔っぱらっていたのだろうか。

今日のお題は“郷田三良”にする。この男こそは自分の分身である。違いは、三良が一滴も呑めない下戸なのに対し、自分が酒場通いをやめられない依存症ということぐらいか。
posted by 彦左小路郎 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック