2017年06月27日

菅生事件

3b1a58991b8908d7c62646e27b06503e.jpg

 極右政党と宗教政党が結託した政府が、“共謀罪”なぞというとんでもない法律を数の論理で強引に成立させてしまった。それが戦前の“治安維持法“”に相当する悪法なのは火を見るより明らかだ。これで、体制がわに都合の悪い言動や行動は、国防だのテロとの戦いだのの大義名分のもと総てが監視・規制・封殺の対象となってしまう。たとえ当事者でなくても、である。

 国家とは体制のことである。つまり安倍政権だ。だから、国“家”と言いながら奴らはその“家”に決して“庶民”を含まない。自らの既得権(力)を侵されるのが嫌だからだ。産経だの読売だのといったアホなマスゴミは、そのおこぼれに与るため、“裏で強姦に手を染める御用ライター”を使い、自分たちに都合のいいようにとどんな詭弁をも弄する。その詭弁の右に倣って、モテない・カネない・仕事ないアイドルオタクのハゲ・チビ・デブつまり“オトコ”が、立場の弱い人たちをネット上で差別・中傷することによってストレスを発散させ殺伐とした世相作りに一役買う。まさに“腐のスパイラルである。“オトコ”は“大衆”と書き換えることもできる。

 国防?  冗談じゃない。国防の名の下に奴らが守ろうとしているのは所詮自らのカネである。そのためには、“庶民”の命を犠牲にすることなどなんとも考えてはいない。テロとの戦い? 笑わせるな。テロとの戦いとは権力の横暴に抗う“庶民”を弾圧することである。言いたいことも言えない法律がゴリ押しで施行される国に自由も民主主義もへったくれもあるものか。

 増長した権力が、愚策を弄し・犯罪を自演し・濡れ衣を着せ、自らに抵抗する勢力を社会的に抹殺しようとする。副題に“ドキュメント菅生事件”と謳った坂上 遼氏の「消えた警官」(講談社)は、その一部始終を精巧かつ明確な筆致で綴ったノンフィクションの金字塔である。まるで小説・ドラマ・映画のような内容であるが100%事実。恐ろしいのは、これが、65年前に国家権力が仕掛けた史上稀に見る悪質な冤罪事件でもあることだ。共謀罪が強行採決されたしまった今、その恐ろしさは一層現実味を帯びて読む者を戦慄させるに違いない

 2014年8月13日・水曜。勤め帰りに地元みずほ台の「福ちゃんラーメン」で独酌。家計簿に呑食の詳細な記載はなし。1,800円なり。

 本当に酒でも呑まなければやっていられない世の中である。電車にシラフで乗ることなどもはや不可能。毎晩ドア際に立ち、男梅サワーを空けながら地下鉄を覆う暗闇を見つめる。すると、目の前のなんか髭ヅラの人相の悪いオッサンと目が合いドキッとする。そして、それが車窓に映った自分であることに気付き愕然とする…。

 今日のお題は“菅生事件”にする。
posted by 彦左小路郎 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック