2017年07月01日

清水クン

 友人が丸4年勤めた会社を辞めて転職した。元ナイタイスポーツ(廃刊)・風俗班デスクの清水クンである。

 ナイタイ崩壊後に彼は幾度か職を変えている。編集プロダクション・広告代理店のカメラマン。そして今春まで所属した水質管理会社…。その管理会社に入る前、電気工事士の資格を取るため彼は1年間職業訓練校に通った。結婚して家庭を持ちマンションのローンを抱え子育てをする立場でありながら、である。不退転の決意は並々ならぬものがあったに違いない。

 そこまでの苦労をして入った会社を齢43にして辞める。しかも家庭を持つ身でありながら…。

 3月に自分は清水クンから連絡を貰った。聞いてもらいたいことがたんまりあるという。北朝霞ガードレール下の立ち呑み屋で会い彼と呑む。酒を酌み交わしつつ色々と話しを聞いた。総て仕事のこと会社のことであった。

 彼は、その水質管理会社で様々な嫌がらせ・いわゆるモラハラに遭っていたのだ。反りが合わない同僚に嵌められ、濡れ衣を着せられ、事実を釈明しても受け入れてもらえず、尾ひれの付いた話しを上層部へ通達され、社長や専務といった幹部連中にまでなんやかんやとつるし上げられた。そして、閑職へと追い込まれた。本当に酷い話しである。

 話しながら清水クンはサワーを何杯も空けた。彼は深く酔っていた。珍しいことではあるが、彼の置かれた状況を考えればそれも納得がいく。別れ間際、「星野さんとこうやって呑めて本当に楽になった。ありがとうございます」と言ってくれた。清水クンが会社を辞めたのはそれから2週間後のことだ…。

 2014年8月15日・土曜。その清水クンと東武東上線・朝霞駅前の「日高屋」で陽の高いうちから呑む。彼がその水質管理会社に勤めて2年目、自分が今の会社を手伝うようになって4か月経った頃である。酒は、瓶ビール(中瓶)・生ビール(中ジョッキ)・白ホッピーセットの中いちおか(わり)・酎ハイ・レモンサワー。つまみは、枝豆・味噌マヨ付き生キャベツ・冷奴。締めて2,450円なり。自分は1,450円支出との記載が家計簿には残る。その後、なんか呑み足りない気がしたので地元「大」の暖簾をくぐった。酒は黒ホッピーセットの中いちおか(わり)。つまみは串焼きからハツとつくねを塩で2本ずつ。お通しは詳細の記載を忘れてしまった。締めて1,320円なり。

 今日のお題は“清水クン”にする。彼もまた、自分にとってかけがいのない友人の一人、つまり“至宝”である。
posted by 彦左小路郎 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 物書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック