2017年10月10日

育ての親

 確実に恩人と呼べる存在が自分には二人いる。

 一人が、レジャー週刊誌・ナイタイスポーツ(以下ナイスポ)の名物編集長であり業界内においてミスター ナイトライフを謳われた山田鉄馬氏。山田さんとの邂逅については別ブログ上で克明に綴っている。山田さんは、学歴も実務経験も何もない僕を、ほぼ面談即決でナイスポの編集部員に採用してくれた。忘れもしない1994年11月7日・月曜。その日が自分のナイスポ初出勤日であり、言葉本来の意味における生誕日だと僕は思っている。それまでの人生など単に前世に過ぎない。オレは1994年の11月7日に生まれたのだ。つまり山田さんは自分の“産みの親”ということになる。

 もう一人が、このブログにもしばしば名前が登場するカメラマン兼デザイナーの飛鳥 飛氏。山田さんが自分の“生みの親”なら彼は自分の“育ての親”にあたろうか。飛鳥氏は、当時のナイスポ編集部内にあって、業界の右も左も知らず取材の段取りや入稿の手順もわからない自分に、業界の内実や仕事のノウハウを懇切丁寧に教えてくれた人である。文章を書くことしかできずそれにだけは相当なこだわりを持っていた自分の原稿も真っ先に評価してくれたのは飛鳥氏であった。それが、高卒で学歴コンプレックスの強かった自分にとってどんなに嬉しく励みになったことか。

 席が隣りだったのも飛鳥氏との距離を近づけた一因だろう。自分は、まだ正式な担当がなく遊軍記者的な立場だったから、しばしば飛鳥氏に請われ現場取材を手伝った。仕事が終わると今度は酒になる。当時ナイスポ(あの頃はまだ「週刊ナイタイ」と名乗っていた)編集部は早稲田鶴巻町のナイタイ本社ビルに入っており、その近くにある「小糸ちゃん」という酒場を飛鳥氏は行きつけにしていた。まだ下戸で進んで酒に親しむことのなかった自分は、そこで居酒屋に目覚め酒を呑むことの愉しさに目覚めた。それはまさにカルチャーショックと言っていいほどであり、その後の人生に多大な影響を与えることになる。そして、こういうブログをたとえ細々とでも延々と続けているわけである。

 2014年8月26日・火曜。北朝霞のガード下沿いに所在するホルモン焼きの名店「なかちゃん」にて飛鳥氏と呑む。酒は、自分が瓶ビール(黒ラベル)2本・青りんごサワー3杯。つまみは、二人でレバ刺し・ホルモン盛り合わせ(二人前)・鶏皮・カシラ・イカ・厚揚げ・餅をそれぞれ一人前で自分の支払い額はジャスト4,000円なり。端数は飛鳥氏が支払ってくれたのだ。

 諸事情あってナイタイを辞めたのは2008年5月20日・火曜のことだ。1年の浪人期間を経た2009年6月8日・月曜に、アダルトDVD専門誌「AV FREAK」の主にライティング スタッフとして自分は社会復帰を果たす。それも飛鳥氏の口利きのおかげであった。

 しかし、「AV FREAK」も、その1年2か月後に廃刊の憂き目に遭う。2010年8月25日・水曜のことである。自分の命日を挙げるとすれば確実にその日になろう。1994年11月7日にオレは生まれ、2010年8月25日にオレは死んだ。そしてその間そばには常に飛鳥氏がいた。

 今日のお題は“育ての親”にする。
posted by 彦左小路郎 at 18:53| Comment(0) | 物書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

清水クン

 友人が丸4年勤めた会社を辞めて転職した。元ナイタイスポーツ(廃刊)・風俗班デスクの清水クンである。

 ナイタイ崩壊後に彼は幾度か職を変えている。編集プロダクション・広告代理店のカメラマン。そして今春まで所属した水質管理会社…。その管理会社に入る前、電気工事士の資格を取るため彼は1年間職業訓練校に通った。結婚して家庭を持ちマンションのローンを抱え子育てをする立場でありながら、である。不退転の決意は並々ならぬものがあったに違いない。

 そこまでの苦労をして入った会社を齢43にして辞める。しかも家庭を持つ身でありながら…。

 3月に自分は清水クンから連絡を貰った。聞いてもらいたいことがたんまりあるという。北朝霞ガードレール下の立ち呑み屋で会い彼と呑む。酒を酌み交わしつつ色々と話しを聞いた。総て仕事のこと会社のことであった。

 彼は、その水質管理会社で様々な嫌がらせ・いわゆるモラハラに遭っていたのだ。反りが合わない同僚に嵌められ、濡れ衣を着せられ、事実を釈明しても受け入れてもらえず、尾ひれの付いた話しを上層部へ通達され、社長や専務といった幹部連中にまでなんやかんやとつるし上げられた。そして、閑職へと追い込まれた。本当に酷い話しである。

 話しながら清水クンはサワーを何杯も空けた。彼は深く酔っていた。珍しいことではあるが、彼の置かれた状況を考えればそれも納得がいく。別れ間際、「星野さんとこうやって呑めて本当に楽になった。ありがとうございます」と言ってくれた。清水クンが会社を辞めたのはそれから2週間後のことだ…。

 2014年8月15日・土曜。その清水クンと東武東上線・朝霞駅前の「日高屋」で陽の高いうちから呑む。彼がその水質管理会社に勤めて2年目、自分が今の会社を手伝うようになって4か月経った頃である。酒は、瓶ビール(中瓶)・生ビール(中ジョッキ)・白ホッピーセットの中いちおか(わり)・酎ハイ・レモンサワー。つまみは、枝豆・味噌マヨ付き生キャベツ・冷奴。締めて2,450円なり。自分は1,450円支出との記載が家計簿には残る。その後、なんか呑み足りない気がしたので地元「大」の暖簾をくぐった。酒は黒ホッピーセットの中いちおか(わり)。つまみは串焼きからハツとつくねを塩で2本ずつ。お通しは詳細の記載を忘れてしまった。締めて1,320円なり。

 今日のお題は“清水クン”にする。彼もまた、自分にとってかけがいのない友人の一人、つまり“至宝”である。
posted by 彦左小路郎 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 物書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

休日平安

 仕事休みは火曜日と土曜日である。

 その休日前夜に、野暮用で帰宅が叶わず会社に泊まることがある。そんな時は始発に乗るはめになる。有楽町線は急行・準急がない。総て各駅停車の路線である。なので、地元のみずほ台駅に着くまで優に一時間以上かかる。

 また部屋に戻ってもすぐに寝るわけではない。歯を磨き、髪をとかし、顔を洗う。結局ベッドに横になるのは朝8時前後だろうか? 日頃の仕事疲れが一気に出てつい寝込んでしまい、起床は、午後の2時を過ぎたり遅い時には3時を過ぎたりすることもある。

 起きたら、洗濯をして食器を片づけ部屋を掃除する。トイレや浴室を念入りに清掃することもある。その後で多少身体を動かしシャワーを浴びる。これらを終えて時計を見るとすでに午後6時…。秋・冬ならばすでに日の暮れている時刻である。“オレはいったい何をしているのだ…”と思いもする。

 もちろん前日に帰宅できることの方が多い。だが、そういう時でも翌日の起床は早くて12時前後。長年のナイタイ生活で身体が完全に夜型化しているのだ。だから、自宅に着くのに終電が続こうと始発乗りになろうとそれはそれでかまわない。早起きをしてネクタイをして満員電車に揺られてルーティンワークに従事することに比べれば遥かにマシな気はする。

 今日は、久々に岩盤房「きらく」へ行くことができた。早いもので、自分が初めて同店で汗を流したのはちょうど10年前。家計簿には、9月9日・日曜に訪れ1,350円支出とある。長い付き合いになったものだとしみじみする。

 「きらく」で十分に汗を流し、その後で駅前の「ドトール」を訪ねる。サンドイッチとアイスコーヒーを注文し持参した文庫本を読み耽った。最近いささかアルコールが過ぎるような感じもしたので、今夜は酒場通いを控えることに決めた。

 帰りに、行きつけのディスカウント ストア「Big‐A」に立ち寄り夕飯用の食材を購入。鶏挽き肉・ジャガイモ・玉ネギ・ピーマン・人参・レトルトご飯2パック・キウイフルーツ・豆乳。税込み905円なり。これでカレーを作るつもりである。冷蔵庫にこのあいだ買ったルーがまだ残っているのだ。

 2014年8月9日・土曜。川越市「大将」にて独酌。酒は、瓶ビール2本・レモンサワー2杯・日本酒を冷や(常温)で2合。つまみは串焼きメニューから若鶏を塩で2本。他に、厚揚げ焼き・長芋おろし・ニラ玉・冷やしトマト・赤魚の粕漬け。締めて5,230円なり。

 今日のお題は“休日平安”にする。
ラベル:川越市 大将
posted by 彦左小路郎 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 物書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする