2017年05月30日

友人至宝

 ここまで滅茶苦茶な生活を送ってきた自分が、今もこうしてなんとか無事に毎日を過ごせるのはどうしてだろう?

 要因は様々である。その中でも、やはり友人に恵まれていたというのが大きいのではないか。

 自分にとっての“友人”とはどういう存在か? やはり、差し向かいで酒を呑めて、無駄な気を遣うことなく楽しいひとときを過ごせ、かつ仕事上の刺激をも与えてくれる存在になろうか? 

 だから、酒が呑めない人はそもそも友人とは言えない。呑めても差しでは無理な人も友人とは呼ばない。まして一度も会ったことのない輩など論外である。ツィッターやフェイスブックをやる人には、自身に友人が何十人・何百人いるのかその数の多さを競う傾向がたぶんにある。しかし、たとえいわゆる美形の妙齢女性から友達申請が来たとしても、申し訳ないが自分はブロックさせてもらう。そういう人と美味い酒が差しで呑めるとはとうてい思えないからだ。

 僕は、山口なんたらとかいう安倍政権べったりの御用ジャーリストとは人種が違う。下衆な下心を酒席に持ち込むのは酒場への冒涜行為と同義である。

 2014年8月5日・火曜。勤め帰りに、ナイタイマガジン元編集長のMAH小林クン・カメラマンの岡田サンと池袋で合流。西口のお好み焼き屋「ごっつい」で酒を呑んだ。

 二人とも拙ブログではおなじみの存在。それだけ彼らとは差しで幾度も酒を呑んでいることになる。これまで小林クンと岡田サンの間にはさほど交流がなかったが、ホスト専門誌「ワイプラス」で互いに仕事する機会を持ったことで急接近。今では僕抜きで会い酒を呑むことも度々だ。友達の友達が友達という好例であろう。いいことである。

 こういう友人たちと、美味いつまみと面白い会話を肴に楽しく酒を呑みながらひとときを過ごす。これこそが自分の心身に活力を与えてくれるのだ。明日からを前向きに生きて行こうという元気の源になる。ということは、この二人は自分の生きる支えだということか? そうなのだろう、きっと…。つまり自分にとって友人とはそういう存在を指すのである。

 酒は3人で、コークハイを4杯・生ビール・梅干しサワー2杯・緑茶ハイ。つまみは、お好み焼きメニューから広島焼き・ねぎ玉焼き。他、いか天スナック・牛スジ塩・鶏ひざナンコツ・はんぺん焼き。計8,932円なり。彼らへの借金も、小林クン・岡田サンそれぞれに5,000円ずつ返済。残債は小林クン25,000円・岡田さん5,000円である。

 今日のお題は“友人至宝”にする。
ラベル:ごっつい 池袋
posted by 彦左小路郎 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 池袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

北口回顧

 2014年6月28日・土曜。仕事上がりは16時45分。タイムカードを押し、有楽町線・新富町駅まで歩き東武東上線直通の下り川越市行きに乗る。

 と言っても、そのまま最寄りのみずほ台駅まで乗車していることなどほとんどない。土曜は、池袋駅で降りるか、小竹向原駅で西武池袋線直通に乗り換え練馬駅を目指すか大抵している。

 この日もしかり。池袋駅で下車し西口に出る。まだ陽は高く、デニムジャケットを羽織ったままだとやや汗ばむくらいに暖かい。北口に廻り「若大将まつしま」の引き戸を開けた。

 同店は、酒・つまみのほとんどが税込み325円の明朗会計。廉価ではあるがつまみはどれも美味く、酎ハイ・サワーは清涼飲料と焼酎の配合が絶妙だ。先月5月27日に訪れて以来だから丸一カ月ぶりということになる。

 考えてみれば、呑み屋街としての池袋北口との縁(えにし)は長く深い。ナイタイに勤めていた頃も、時間が許せば、JR新宿駅から東上線・みずほ台駅に戻る途中池袋で降り、やはり北口にある「大都会」という居酒屋を頻繁に訪ねた。

 「大都会」は、今現在も同じ場所(カフェ「伯爵」下)で居酒屋営業を続けてはいる。しかし、内観も形態も変わり、自分が頻繁に通っていた頃のほっと一息つける駆け込み寺的雰囲気は喪失してしまった。同店で最後に呑んだのは8年前の2007年。11月30日・金曜に訪れ2,310円散財との記載が家計簿に残る。その後「大都会」は改装のため一度店をたたみ、リニューアル前と後ではすべてが異なる店に変貌してしまった。

 いわゆる“せんべろ”居酒屋として今の「大都会」を支持する酒徒は多いかもしれない。しかし、自分にとってそれは「大都会」であって「大都会」ではない。家計簿に残っていないのでそれがいつ頃なのか定かではないが、一度だけリニューアル後の「大都会」で呑んだことがある。そして、その変わりようにまた一つ自分の心の拠りどころが無くなったと落胆したのは覚えている。

 その空白を埋めてくれたのが、今カウンターに座りカキフライをつまみに酎ハイをすすっている「まつしま」だった。2008年5月にナイタイを退いた以降は、ブクロ(池袋)に来ることも極端に減ってしまったが、一年のブランクを経た2009年6月に、自分は、先輩・飛鳥 翔氏の口利きでAV(アダルトビデオ)専門誌「AV FREAK」スタッフとして職場復帰。再びブクロへも頻繁に通うようになった。以降、「まつしま」は、自分の空白を埋めてくれる変わることない心の拠りどころで有り続けている。

 酒は酎ハイ2杯・レモンサワー2杯。つまみはカキフライ・ゲソ焼き・たこ焼き・ハーフピザで締めて2,600円なり。

 今日のお題は「北口回顧」にする。「大都会」の思い出はまた後日綴ろうと思っている。
posted by 彦左小路郎 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 池袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

天賦の才

 2014年6月24日・火曜。仕事が早上がりなので、一緒に酒でもと思い、風俗専門誌「ナイタイマガジン」(廃刊)元編集長の友人Mクンにメールで連絡をとる。

 返信はすぐに来た。自宅に居るがこれから出かけるかもしれないという。実は先約があるが遠出をしたくないので断ろうかと考えていたともいう。ならば近場の池袋で呑まないかと言えば即OKとの返事が来た。場所はモツ焼きの名店「男体山」。東口のP’パルコ前で待ち合わせることに決める。

 このブログには何度も綴っているが、定職に就いて定収入を得る生活に戻れはした。しかし正規雇用ではない。だから今の仕事がいつまで続くのかはわからない。いつ解雇されても文句は言えない立場でもある。

 だから今のうちに、まとまった収入のあるうちにやるべきことを優先したい。自分は、Mクンに幾ばくかの借りがつまり借金があるのだ。一括は無理にせよこれをきっちり返済しなければならない。彼の好意と友情を無碍にするわけにはいかない。

 平日の19時前後は、勤め帰りのサラリーマンで最も酒場が込み合う頃。「男体山」もしかりだ。それでも2階のテーブル席には空きがあった。瓶ビールで乾杯し、名物のモツ刺しや男体山漬けをつまみに僕らは陽気にしゃべり続ける。同じ釜の飯を食った者同士なので共通の話題も多い。誰かと呑む際は大抵話すがわになるのだが、Mクンとだと聞き役に回ることもしばしばだ。彼は頭の回転が速いし弁もたつ。こういう友人は貴重だと痛感する。

 Mクンとの付き合いも長い。自分がナイタイ出版株式会社に出戻ったのは1998年の春。配属先はナイタイマガジン編集部だった。彼はその暮れにナイタイに入ってきたのだろうか。入れ替わるように、キャバクラ専門誌「ベストクラブ」(当時は「C-GIRL!」)の創刊スタッフとなり自分はマガジン編集部を離れた。なので、Mクンと机を並べて仕事をした記憶はない。

 今もそうだが彼は他者との間に垣根を作らない。人見知りせず誰とでもフランクに接する。これはひとつの才能である。当時は最寄り駅が同じなこともあり、Mクンとはすぐに打ちとけ酒を酌み交わす仲になった。

 彼には優れた編集者としての天性の才能がある。フォトグラファーやデザイナーの中には芸術家気質(気取り)の厄介な性格の人間も多いが、そんな相手のわがままに近い話しでもMクンはちゃんと聞く。その上で自分の意見を伝える。簡単なようでこれは難しい。自分もそうだが、大抵の編集者は外注のワガママに最後まで付き合えない。「だったらいいよ、二度とあんたには仕事を振らないから」となってしまう。

 しかし、そういう厄介な人間ほど、フォトグラファーとしてデザイナーとして優れたりもする。ゆえに本当にいいページに仕上げようと思うならば、それら頑固者たちをいかに手なずけこちらの意に沿わせるか。そこにその編集者の器量が問われる。それを無理なく自然にMクンはこなせるのだ。やはり優れた才能である。

 そんなMクンを見習い、自分は編集者としての資質を磨いていった。ここから、拙ブログでも何度か紹介しているO村サンやO田サンとの絆が生れた。Mクンが外注スタッフと根気よく付き合うように、僕も、彼らと粘り強く付き合いその才能を引き出そうと努めた。それがやがて人間的な信頼関係に繋がっていった。

 一方でMクンは人を信用し過ぎるきらいがある。ゆえに金銭的に裏切られ痛い思いもしている。世の中には恩をアダで返す奴の方が多いのだ。

「男体山」では、酒を自分が、瓶ビール一本・ホッピーセットの中いちおか(わり)。つまみは、二人でレバ刺し・ハツ刺し・タン刺し。串焼きメニューから、カシラとコブクロを塩でシロをタレで2本ずつ。他は、男体山漬け・こんにゃく刺し・チーズサラミ。締めに、近場のラーメン屋「博多天神」へ寄る。チャーシューメンと瓶ビールを食し勘定は一人アタマ総額5,934円なり。ちなみに、この夜Mクンへ返済できた額は3,000円。残るは35,000円である。

 今日のお題は「天賦の才」にする。
ラベル:池袋 男体山
posted by 彦左小路郎 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 池袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする