2017年12月09日

洋楽好き

 2014年9月2日・火曜。勤め帰りに新富町「駒忠」で独酌。酒は、瓶ビール1本・冷酒1本・角ハイボール3杯。つまみは、カツオ刺し・イカ一夜干し・エシャレット・肉ジャガ・唐揚げ。お通しが出たが家計簿に内実の記載はなし。締めて4499円なり。

 この日は自宅近くの書店で洋楽専門誌「ロッキング オン」を購入との記載も家計簿にはある。洋楽冬の時代と言われて久しく幾多の専門誌が休刊もしくは規模縮小を余儀なくされているが、そんな中にあって「ロッキング オン」は孤軍奮闘していると言っていいぐらい中身が豊富である。あくまで“ロックなアーティスト”を、新旧偏ることなしに、インタビューやレビューでしっかりフォローしているのだ。ゆえに今現在も書店で見かけたら極力買う。こう見えても自分は洋楽ロックが好きなのだ。

 2017年の12月9日時点までに購入した洋楽作品(CD)を挙げてみる。「ハイランド ハードレイン」(アズテック カメラ)・「クイーン オン エア」(クイーン)・「ライヴ アット ハリウッド ボウル」(ビートルズ)・「レィディオ ワン(BBCライヴ)」(ジミ ヘンドリックス)・「パラダイス アンド ランチ」(ライ クーダー)・「ヤング アメリカン」(ディヴィッド ボウイ)・「サラ スマイル」(ホール&オーツ)・「ベスト(JUBLEE) 」セックス ピストルズ。

 愛用してきたBOSEのCDプレーヤーがおしゃかになって久しい。なので、購入したCDはWindowsパソコン(PC)の“メディアプレイヤー”に取り込んで聴いている。BOSEとの音質差は歴然としているが仕方がない。CDプレーヤー一台満足に買えない。こんな貧乏生活がいったいまで続くのだろう? それでも酒は呑まずにいられない。オレは酒を呑むために生きているのだ。

 他に、自宅でPCを使うのはブログ更新時もしくはOfficeの勉強時ぐらいである。匿名を嵩にかけたいい加減な憶測や伝聞が多いのでネットは基本あてにしない。大切な情報つまり酒や音楽の情報はあくまで “紙”から入手する。自分はアナログ人間なのだ。

 今日のお題は“洋楽好き”にする。このブログをアップしたら、シャワーを浴びて服を着替え外へ出ようか。そして、書店で「ロッキング オン」の最新号を買おう。行きつけのドトールで読み耽り、頃合いを見計らってどこか適当な酒場で一杯やろうか。
ラベル:築地 駒忠
posted by 彦左小路郎 at 15:43| Comment(0) | 首都圏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

権利主張

 日本はますますジョージ オーウェルの「1984」の世界に近づこうとしている。安倍ビッグブラザーと既得権のおこぼれ目当てにその膝元に群れ集う反動右翼マスゴミとそいつらの意のままに制御されながらそのことになんら疑問も不満も憤怒も覚えない無知で無関心で無自覚なプロールの群れが形成するファシズム国家に。自分には例のAKBとやらがあの“喜び組”の日本版に見えて仕方ない。つまり日本も北朝鮮と大差なくなりつつあるってことだ。

 ったく酒でも呑まなきゃ本当にやってられない世の中である。だから呑む。家で呑む、職場で呑む、電車内でも呑む。もちろん酒場で呑む。

 2014年8月30日・土曜。勤め帰りに新富町「もつよし」にて独酌。酒は、黒ホッピーセットの中いちおか(わり)・バイスサワー。つまみはタン刺しに冷奴。串焼きメニューからつくね・コブクロ・カシラを2本ずつ塩で。シロはタレで、ナンコツは塩でそれぞれ1本ずつ。締めて税込み2,602円なり。

 衆院選の結果についてはもうこれ以上何も書きたくない。とにかく、“絶望するのだけはよそう”と自分に言い聞かせた。投票とは“自分が自分であり続けることの存在確認”でもある。だからこれからも何があろうと棄権はしないつもりである。

 今日のお題は“権利主張”にする。
posted by 彦左小路郎 at 03:32| Comment(0) | 首都圏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

駒忠初訪 後編

 新大橋通りは、有楽町線新富町駅から本願寺に繋がり晴海通りと交差しJR新橋駅へと向かうまさに築地のへそと言える一帯である。ゆえに、一カ月前の火災で話題になった“もんぜき通り”を筆頭に、新鮮な魚介類を供する飲食店が数多くひしめいている。だが、それに対し居酒屋の軒数は意外に少ない。食に重きを置く店の需要が酒のそれを圧倒しているせいか? 注目に値する事実ではある。

 それは平成通りも変わらない。自分が知る限り、勤め人が仕事疲れを癒し職場仲間と“まどう”いわゆる大衆酒場はこの通り沿いに「駒忠」一軒のみだ。22時を過ぎてものにぎわいもこのことを知れば納得がゆく。

 カウンターは8割方埋まりテーブルは満卓。奥の小上がりもサラリーマンの団体客で盛り上がっている。それら酔客の間を、見るからに気風良さそうなショートヘアの実年女性が従業員に指示を出しつつ注文を聞いてまわる。どうやらこの方がおかみさんのようだ。

 お通しはエリンギの煮つけ。メニューは定番の他におすすめのそれがある。築地が近いということもあり新鮮な魚介類に特に自信があるようだ。自分はビール中瓶にタコぶつを合わせることにした。

 供されたタコぶつは、身の茜色も鮮やかで噛めばほのかな甘みあり。薬味のわさびもいいものを使っており、ビールの肴にしておくのには勿体ないほどに美味い。これはもう日本酒をあわせねばなるまいと菊正・生貯蔵冷酒300mlを注文した。
 
 わさび醤油に軽く浸したタコぶつをつまみ冷酒を口に含む。甘みと苦みが酒を媒介に旨味に昇華されてゆき、舌の上にはその味が糸を引くようにして残る。その旨味をもう一度かみしめたくてまたタコぶつに箸を伸ばす。まさに至福のひとときである。

 カウンター越しの厨房では店主が包丁を片手に魚をさばき、女性店員がうちわを片手に焼きものを返す。その光景を見ながら呑んでいるとこのまま席を立つのが無性に惜しくなる。おすすめメニューからは本まぐろの切り落としを追加し、定番メニューからはつくねを2本・塩で追加した。

 周囲の喧騒をも肴に頬杖を突きつつ“いい店だな、ここは”などとぼんやり思う。おかみさんは、客の入りががひと段落ついたらしく自分のそばに立っていた。どちらともなく話しかけしばし雑談に興じる。こう見えても音楽はロックが好きなんですよと自分が言えば、おかみさんも、ロックが好きでミック ジャガーの東京ドーム公演を観に行ったと話す。

 ミック ジャガーのドーム公演か…。あれは確か1988年だったろうか? と言えば26年前か、俺はまだナイタイに入る前か、現イオンのニチイでバイトに明け暮れていた頃か、あの頃のバイト仲間はみんな今どこでどうしているのだろうか…。などと思考がどんどん過去に遡ってゆく。「タイム ウェイツ フォー ノー ワン」…。よく歌ったもんだよミック…。

 酒は瓶ビール中・生冷酒。つまみはお通し・タコぶつ・本まぐろ切り落とし・つくねを塩で2本。締めて2,700円なり。

 お題は“駒忠初訪”にする。こういう店との出会いがあるからやはり酒場通いはやめられない。それを痛感した一夜であった。ありがとう駒忠…。
ラベル:築地 駒忠
posted by 彦左小路郎 at 18:12| Comment(0) | 首都圏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする