2018年01月16日

カマトト

 今の物件に住むようになって今年で12年目になるが、その頃から自分の部屋にはテレビがない。必要ないからだ。だから、ドラマやバラエティー番組はこの12年、いや以前に遡りそれこそ20年以上観ていない。観る気にもならない。もともと自分は芸能人などに興味を持てない性分なのだ。

 PCも自宅に居るときはほとんど起動しない。こうしたブログ更新の際にWordを使うときぐらいか。その際参考のため“嫌々”ネットにアクセスすることがある。トップページはYahooなのだが、そこには必ずといっていいぐらい動画広告が張り付いてくる。これがウザい。

 石田ゆり子という人がいる。いくら芸能人に疎くても名前ぐらいは知っている。この人が出ている缶コーヒーの動画広告、あれが苦手なのだ。だから出てきたらすぐに“×”をクリックする。

 別に石田ゆり子本人は好きでも嫌いでもない。ただ、いい歳こいたオバハンにああいうキャラを演じさせる、「オトコなんてその大半がバカでマザコンだから単純に引っかかってそいつらのフトコロから簡単にカネを巻き上げることができるだろう」という、庶民をナメくさりコケにした“あっち側”のそのもくろみのあざとさ。それが鼻に付くのだ、不快になるのだ。参考のため“嫌々”ネットにアクセスすると…、やはり皆単純に引っかかっているではないか!…。

 その昔、奇しくも同じ缶コーヒーのCMが端緒となり癒し系キャラとしてブレイクしたタレントに飯島直子という人がいた。自分は、あの“安らぎウンタラカンタラ”というのが大嫌いでジョージアは一切買わなかったし、会社の同僚との酒席では、あのCMに潜む欺瞞を何度も批判・断罪した。結果は皆にただ失笑・嘲笑されるだけだったが…。 

 “癒しの女王”・飯島直子がその後どういう転落の軌跡をなぞっていったか? 今更ここでそれを細かく書きはしない。ただ、石田ゆり子も飯島直子同様に“バケの皮”が剥がれるときが来ると断言しておこう。それがいつなのかはわからんが…。

 2014年9月9日・火曜。勤め帰りに地元「大」で独酌。酒は、瓶ビール(キリン秋味)・黒ホッピーセット。つまみは、串焼きメニューからつくねを塩で2本・みつばのおひたし・絶品肉豆腐・さんま塩焼き。締めて2,660円なり。お通しの内実は家計簿に記載なし、不覚。この晩はホッピーの“中”をおかわりしていなかったのだな、珍しい。

 今日のお題は“カマトト”にする。もう一度書くが別に石田ゆり子本人を嫌いなワケではない。ただ、あのカマトトキャラを支持する優しさだの癒しだのを求めるだけで自分は優しくもなんとない身勝手なオトコどもの甘ったれた根性が嫌いなだけである。
ラベル:大 みずほ台店
posted by 彦左小路郎 at 17:01| Comment(0) | 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

休日雨天

 雨が降ってきた。

 それも土砂降りと言っていいほどの、である。

 埼玉県南中部には大雨・洪水警報が発令されたそうだ。今のところ雨足は衰える気配がない。雷の音がかなり近いところでゴロゴロと鳴っているのも不気味である。

 仕事休みである。人と会う予定もない。昨晩は、残業が立て込んで会社に泊まり始発を待って朝に帰るということもなかった。だから、今日はほぼ正午に起きることができた。軽く身体を動かし汗をかいた後でシャワーを浴びる。服を着替え「さて、久々に近場の岩盤浴『きらく』にでも顔を出そうか」という直前だったのだ、雨が降ってきたのは…。

 最近は休日に人と呑む機会が多い。職場仲間のIさん・Oさん・Uさん・Sさんと5人で。同じく職場仲間のMさんと2人で。元ナイタイマガジン編集長MAH小林クンとは、このあいだ彼のホームグラウンドでもある練馬で呑んだ。

 一人呑みはもちろん好きだ。一方で、人とそれも普段あまりじっくり話す機会のない人と語らいつつ呑むのも好きである。人見知りはしない性質だし人の話しを聴くのも好きだ。それで己の見聞が広まり深まるならばいい経験・勉強になる。

 ここまで書いてきて、雨がだいぶ小降りになってきた。時計の針は15時55分を指している。予定どおり「きらく」に行こうか? それとも駅近の「ドトール」で読書に耽ろうか。先週・土曜日に池袋の書店で購入した志賀直哉の“短編集”があるのだ。

 2014年8月18日・月曜。この日は母親の命日にあたる。日中に父親と墓参に訪れ、墓石廻りを丹念に清掃し、もちろん墓石も綺麗に磨き、墓前に花を添え、線香を炊き、二人で手を合わせる。ちょうど10年前に母は亡くなったのだ、それも唐突に。夜は朝霞台の大衆酒場「松」で独酌。やはり母のことを想いながら呑む時間が多かった。酒は、瓶ビール2本・黒ホッピーセットの中いちおか(わり)・角ハイボール。つまみは、串物からつくねとカシラを塩でシロはタレでこれも2本ずつ。他、冷奴・ゲソ焼き・ふぐの一夜干し。締めて3330円なり。

 今日のお題は“休日雨天”にする。さて、これからどうしようか?
ラベル:朝霞台 松
posted by 彦左小路郎 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

豪風完走

 稀勢の里のまさに“稀”跡の逆転優勝については多くを語るまい。確かに感動した、もらい泣きした、素晴らしかった。余韻に浸るべくその偉業を報じた日刊スポーツ・3月27日号も購入した。

 だが、それと同じくらい、“心の大横綱”豪風が5勝10敗で負け越したことが僕はくやしい。

 初日の対戦相手が稀勢の里だった。内容は一方的に押し出されてしまったが、驚嘆したのは、公称171cm・実年齢37歳とは思えない豪風の身体の充実ぶりだった。首回り・上腕・太腿。どれを見ても稀勢の里にまったくひけをとっていないのだ。この一年、稀勢の里が初心に戻り四股・てっぽう・すり足の基礎運動で下半身を鍛え直したことが今日の栄冠に繋がったと専門誌にあったが、ならば上背も年齢もまるで異なる豪風のあの鋼の肉体はなんなのだろう? 地道な稽古と土俵外での練習を怠らず続けていることの何よりの証しではないか。

 しかし、努力が頑張りが結果に結び付かない。上位との対戦が続いた序盤で四連敗。大関の豪栄道を肩すかしで破り初日を出すも、以降は正代や照ノ富士・高安・御獄海らの若い力に屈し、終わってみれば5勝10敗と大きく負け越してしまった。西前頭筆頭にあった番付は来場所どのくらい下がるのだろう? 果たして上位との対戦はあるのだろうか?

 相撲に限らないが、だいだいの輩は、勝てば安直に持ち上げ負ければ簡単に梯子を外す。身近にも、以前は稀勢の里を「根性なし!!」だのと罵倒し続けたくせに横綱になったとたん大ファンという人がいる。まぁ、いつの時代にも大衆とはそんなものなのだろう。

 負ければ確かにくやしい。だが、戦ったのはあくまで本人である。つまり稀勢の里であり豪風だ。オレたちはそれを見ていたに過ぎない。負けて誰よりもくやしいのは戦った本人なのだ。それを忘れてはならない。

 2014年7月29日・火曜。勤めが休みだったので、志木の炭火ホルモンの名店「鳥三」の暖簾をピンでくぐる。酒は、瓶ビール2本(黒ラベル)・角ハイボール2杯・マッコリボトル。つまみは、レバ刺し・ホルモン盛り合わせ(シロ・レバー・ハツ)・カシラ・ハラミ・トントロ・ナンコツをそれぞれ一人前。締めて8,098円なり。いゃ〜食ったくった。

 今日のお題は“豪風完走”にする。たとえどんなに負けが込もうと僕の豪風への思いは変わらない。オレの声援が足らなかったから豪風が負けるのだ。“頑張れ”じゃなくオレが応援を声援をもっと“頑張る”。そのスタンスで行きたい。
ラベル:志木 鳥三
posted by 彦左小路郎 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする